ドコモポイントドコモポイントドコモポイントドコモポイントドコモポイントドコモポイント

運用前に必ずサポートサイトをご覧下さいひらめき

ハイチ地震救援募金はこちらでも

犬猫犬猫犬猫

2008年12月25日

ODLとEAと悪用取引

12月24日ODLさんから警告メールがきた。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
早速ではございますが、取引手法に関しましてお客様がご利用されているシステム売買ソフトでのお取引が自主規制団体等で禁止されている電子取引の特性を悪用した取引に抵触の恐れがある為、弊社カバー先より停止の強い要請依頼がきております。
次回、同様のシステム売買ソフトでのお取引をされ、弊社カバー先より停止要請が再度出た場合はExpert Advisor使用停止となりますので予めご了承下さい。
尚、本件に関するお問合せの電話は承っておりませんので、
何卒お客様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


複数のEAを稼動している為、どのEAが問題を出しているのか分からず問い合わせても、返信されたメールは同じ内容のもので、

自主規制団体等で禁止されている電子取引の特性を悪用した取引についてはご遠慮いただいた上でのお取引をお願い致します。

としか答えてくれない。
海外で公に販売されているEAであり、デモ口座でも問題なく動く。3つ稼動させていたEAのうちいったいどれが問題あるのか特定することが出来ない。ただ、同じ回答しか出さないODLってなんなの?!はっきり何が悪いのか言ってくれよ!!!一応ネットで自主規制団体等を探してみたのだが、一体どこにその禁止されてるような事柄が記されているんでしょう?私には見つけられず、その件について問い合わせても、上記の決まり文句しか返答がない。

ユーザーの立場からしてみると非常に非常に非常に不親切である。

ODLのスタンスは、「そのくらい自分で確認してEA使えよ。分からないんだったらEA使うなよ」って言ってるようなもんだ。
もしくは、「儲かるようなEAは使わせない」って言っているのだろうか?
海外のEAでFapTurboというのがあり、メンバーサイトが凄く活気があって、ブローカーとEAについてのフォーラムがあったので確認してみたが、どうやらFapTurboはODLでは禁止されているようだ。
今回私の使用していたシステムではFapTurboはなかったが、この一件でODLのEAに対するスタンスがよく分かった。

私は、ODLが好きだったのに、裏切られた気分だよ。

悪用取引しているEAってどういうEAなのよ!
一体どのEAが抵触しているっていうんだよ!

その辺りのはっきりした回答を出さないで一方的に「自主規制団体等で禁止されている電子取引の特性を悪用した取引についてはご遠慮しておくれ」という回答では、納得がいかない。
""""""""""""""""""""""""""""""""""""


posted by ビル・バフェット at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | やや欠け月FX業者に思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長い間密かに拝見しておりましたが、初書き込みです。

ODLは私も好きな業者さんですが、如何せん短期の顧客にとって利益のあげにくさは否めません。

もともと10pips制限があることからも伺えますが、基本的にスキャルお断りの業者さんなので、おそらくどのEAがということではなく、スキャル系のものならば基本的にお断り、ということだと思います。

裁量でもそうなのですから、システムとなるとなおのことです。他の条件などは魅力的なのですけど。すべてを満たす業者さんはいませんから、やはり今は使い分けるしかないようです。
Posted by 猫目 at 2008年12月26日 01:00
猫目さん

はじめまして。おっしゃる通りスキャルで短時間に数pipsの利益確定を数回繰り返した翌日に上記のメールが来てました。なるほど10pips制限というのがあったのですね。StopとLimitの幅を10pipsあけないと通らないってことですよね。
ODLは比較的スプレッドが狭いのと、指標発表時でも固まりづらいって印象があって好きなんです。
猫目さんのおっしゃるように今後は、のんびりしたEA(^^)や手動売買用って考えたほうがよさそうですね。
有難うございます〜
Posted by ビル・バフェット at 2008年12月27日 00:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
--------------------------------------
給料が一番多くても、打率が2割だったらふさぎ込んでしまいます。 逆に給料が一番少なくても4割打てれば、それこそ大喜びするでしょう。 大事なのは、自分が好きな事をとびきり上手にやることです。 ウォーレン・バフェット
---------------------------------------
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。